×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


S01-スマミル補助AI- <スマミル補助>



使用方法

〜十分な距離がある場合〜
 1. ボルトカウンター中にペット召還
 2. IBを敵にあてるとペットがIBを詠唱
 3. その間にスマを準備、ペットIBがあたったらスマ
 4. スマで吹っ飛ばした後IBを詠唱しあてる
 5. 2へ戻り以降繰り返し



〜壁に押し付けた場合〜
 1. スマの後にミルで攻撃
 2. ミルで攻撃するとペットがIBを詠唱
 3. その間にスマを準備、ペットIBがあたったらスマ
 4. スマ攻撃後ミルを準備しミルで攻撃
 5. 2へ戻り以降繰り返し


AI説明

ペットとお手玉するよりも主人のスマを連続して叩き込んだほうがダメージが高いのでペットは完全補助の形に。 上段のスマIBを繰り返していると壁際まで行くと思うのでその場合は下段のスマミルにIBを挟む戦法になります。
ペットのIBを当てたあとスマを打つ方向を考えて、位置をうまく調整しましょう。
トリガースキルはIBなのでLBカウンターをすればペットが補助してくることはありません。 LBが主力の方はIBとLBを入れ替えて使うといいかもしれません。
壁際に押し込んで1:1の状況でのミルミル補助に使ってもいいかも。



<rules>
<rule name="主人IB後スマ準備時IB攻撃">
<conditions/>
<pattern>
<param_decl/>
<sequence>
<cmd name="cancel_skill"/>
<cmd name="stackmagic_attack" stack_magic="icebolt" charge="1" timeout="5000"/>
</sequence>
</pattern>
<event name="master_attack" master_skill="icebolt"/>
</rule>
<rule name="ミル後IB">
<conditions/>
<pattern>
<param_decl/>
<sequence>
<cmd name="cancel_skill"/>
<cmd name="stackmagic_attack" stack_magic="icebolt" charge="1" timeout="5000"/>
</sequence>
</pattern>
<event name="master_attack" master_skill="windmill"/>
</rule>
<rule name="暴発防止">
<conditions/>
<pattern>
<param_decl/>
<sequence>
<cmd name="wait" min="1000" max="1000"/>
</sequence>
</pattern>
<event name="now_targeting"/>
</rule>
<rule name="IB攻撃後生死判断">
<conditions/>
<pattern>
<param_decl/>
<sequence/>
</pattern>
<event name="attack" pet_attackable_skill="all" down="true"/>
</rule>
</rules>